兵庫県立宝塚高等学校

人財育成プログラム 人づくりの県宝

国際理解教育

海外へ目を向けることで、国際的な視野を身につける。

国際理解教育 写真

生徒達が社会に飛び出す頃、活躍の舞台は世界です。海外へ目を向けることは、これからの時代を牽引していく若者にとって必要不可欠の要素であると考えています。本校では、世界の同年代の若者たちと交流できるチャンスを用意することで、豊かな教養や未知の世界に乗り出す積極性を身に付けてほしいと願っています。

国際理解教育プログラム

オーストラリア姉妹校「スミス・ヒル・ハイスクール」との交流 (相互訪問活動・ネット会議)

本校では、オーストラリア姉妹校「スミス・ヒル・ハイスクール」との相互訪問活動・ネット会議を実施しています。このプログラムは、生徒の自立、異文化体験、英語力伸長を目的とした取り組みで、生徒はこのプログラムを通して将来の活躍の場を世界へ広げるための視点を手に入れられる貴重な体験が待っています。

●オーストラリア訪問 (2013年7月)
  • オーストラリア訪問 写真
  • オーストラリア訪問 写真
  • オーストラリア訪問 写真
  • オーストラリア訪問 写真
  • オーストラリア訪問 写真
  • オーストラリア訪問 写真

1週間のホームステイによる研修を行いました。スミス・ヒル・ハイスクールの授業では、イラストを用いてた英語ゲームをしたり、日本語の授業に参加したりしました。日本語と英語でお互いコミュニケーションをはかる時には、日本のアニメが共通の話題になることもありました。スミス・ヒル・ハイスクールでの最終日には、アボリジニアル・アートの絵を描いたり、「Woolworths super market」に買い物に行きました。先生の作ったクイズをときながら、ショッピングを楽しみました。

●スミス・ヒル・ハイスクール来訪 (2013年9月)
  • スミス・ヒル・ハイスクール来訪 写真
  • スミス・ヒル・ハイスクール来訪 写真
  • スミス・ヒル・ハイスクール来訪 写真
  • スミス・ヒル・ハイスクール来訪 写真
  • スミス・ヒル・ハイスクール来訪 写真
  • スミス・ヒル・ハイスクール来訪 写真

スミス・ヒル・ハイスクールの仲間が、本校にやって来ました。歓迎式典、対面式の後は、日本の文化にふれてもらうため、茶道(作法室)体験、書道体験、剣道体験などを一緒に体験する中で、コミュニケーションをとりお互いの理解を深めることができました。